ドイツ渾身の報復兵器「V-1」の恐怖! WW2期ロンドンを襲った自爆ドローンの元祖とは

「報復兵器」とはWW2期、ドイツが対イギリス攻撃のために開発したミサイルやロケット兵器のことです。そのひとつ、V-1飛行爆弾はこれまで巡航ミサイルの元祖と見られていましたが、実は自爆ドローンのほうがより近いかもしれません。

サウジアラビアの油田をミサイルと無人兵器が襲撃

 2019年9月14日、中東・サウジアラビアの東部に位置する石油生産施設2か所が突如、何者かによる攻撃を受け、製油所などで火災が発生するなど施設の機能に大きな損害が生じました。この事件について、サウジアラビアの隣国イエメンで活動している反政府勢力の「フーシ派」がすでに犯行声明を出していますが、一方でアメリカ、イギリス、フランス、ドイツの各国は、かねてからサウジアラビアと対立しているイランが攻撃に関与していると主張しています。

Large 191003 v1 01

拡大画像

イギリスのダックスフォード帝国戦争博物館に展示されるV-1飛行爆弾(画像:Chris Dorney/123RF)。

 ところで、サウジアラビアが攻撃現場付近で回収した残骸などから、今回の攻撃には「ジェットエンジンを搭載して長距離を飛行できる巡航ミサイル」と、「あらかじめ設定された目標に向かって飛んでいく自爆型無人機」が用いられたことが分かっていますが、これらの兵器の元祖ともいうべき存在が、実はいまから70年以上前の第2次世界大戦中にドイツですでに開発されていました。それが、「報復兵器1号」こと飛行爆弾「V-1」です。

【写真】日本にも落ちていたかも アメリカ軍のV-1コピー兵器、JB-2「ルーン」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. すみません。 巡航ミサイルと自爆無人機の違いが分かりません、そもそも区別するべき理由も

  2. 自爆ドローンの元祖はむしろミステルではないでしょうか。