「自衛隊観艦式」に台風19号直撃か 安全最優先のため実施の可否を検討 防衛省

不要不急の外出も控えたほうがよさそうです。

Large 191008 msdf 01

拡大画像

「平成27年度自衛隊観艦式」の様子(画像:海上自衛隊)。

 防衛省 海上幕僚監部は2019年10月8日(火)、同10月12日(土)から14日(月・祝)にかけ実施を予定していた「自衛隊観艦式」について、台風19号が接近中であることから実施の可否を検討している旨を発表しました。

 気象庁によると、大型で強烈な強さの台風19号「ハギビス」は8日12時40分現在、マリアナ諸島付近に位置し、日本列島へ向け北上を続けています。12日から13日ごろの予報円はまだ大きいものですが、観艦式の舞台となる相模湾は大きく影響を受けることが予想されるコースです。

 なお、実施の可否については海上自衛隊公式WEBサイトおよびSNSで告知するとのことです。防衛省 海上幕僚監部は「今後の台風情報に十分ご注意ください」としています。

【了】

【画像】気象庁8日12時発表 台風19号の予想進路図

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191008 msdf 02
  • Thumbnail 191008 msdf 01

最新記事

コメント