いずも型搭載F-35はどの程度戦力になる? フォークランド戦争に見る軽空母の限界

護衛艦「いずも」「かが」を改造し、F-35Bを搭載するという案が大きく取り沙汰されて久しいですが、運用まで考えると、はたしてどれほどの戦力になるのでしょうか。フォークランド/マルビナス戦争における英海軍の事例をもとに考察します。

いずも型「軽空母」は実現可能かもしれないけれど…?

 近年、海上自衛隊が保有するいずも型ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」「かが」に対して、垂直離着陸戦闘機F-35B「ライトニングII」を運用する能力を与えるか否かという問題が大きな話題となっています。実際2018年5月には、ある全国紙において離島防衛のためにも導入すべきであるという社説が掲載されました。

Large 180511 lac 01
空対空装備の「シーハリアーFRS.1」。「インビンシブル」から発艦する様を再現。この展示機は実際にフォークランドで「ミラージュIII」を撃墜した武勲機(関 賢太郎撮影)。

 もし、いずも型にF-35Bを搭載した場合、どの程度航空戦力が増強されるのでしょうか。いずも型とほぼ同規模であるイギリス海軍空母「インビンシブル」「ハーミーズ」が垂直離着陸戦闘機「シーハリアーFRS.1」と「ハリアーGR.3」を搭載し実戦を行った1982(昭和57)年の「フォークランド/マルビナス戦争」から、その実態を探ってみましょう。

 フォークランドに投入された両艦の艦載機は、補充や損失があるため時期によって多少前後しますが、空対空戦闘能力を持つ「シーハリアーFRS.1」の20機(両艦の合計値)が主力となりました。また「ハーミーズ」にのみ空軍の対地攻撃機「ハリアーGR.3」が5機程度艦載されました。合計が31機を上回ったことはなくおおむね20機台であり、おそらくいずも型も1艦あたりの戦闘機搭載数はほぼ同等の10機強となるでしょう。

 この戦いにおける「シーハリアーFRS.1」の戦果は伝説的です。戦争期間を通じ「シーハリアーFRS.1」は、空中戦では1機の被撃墜なく20機前後のアルゼンチン空軍機を撃墜するという圧倒的な大戦果を挙げています。また「ハリアーGR.3」も爆撃によって地上部隊を支援しました。

 ただ「シーハリアーFRS.1」「ハリアーGR.3」は、華々しい活躍とは裏腹に、その運用はかなり厳しいものでした。これら戦闘機1日あたりの出撃数は、1機あたり1回強に過ぎません。戦闘機は必ず2機編隊で行動するため、「シーハリアーFRS.1」は空母2隻をもってしても事実上、1日に10個編隊しか作戦を行うことができず、また航続時間は1飛行時間に限られるため、艦隊防空はほぼ1個編隊だけで行わなくてはなりませんでした。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180511 lac 04
  • Thumbnail 180511 lac 01
  • Thumbnail 180511 lac 02
  • Thumbnail 180511 lac 03

最新記事

コメント

18件のコメント

  1. このライターは、以前、いずも型は空母にならないと断言していた方です。今回の記事も、ひゅうが型の連携が頭にないようですね。
    さらに言えば、どうもこの方は、空中給油機で弾薬の補給ができると思っているようです。

    • 同感です。↓(下の方)のbbさんへのリプも参照ください。

  2. まぁ軽空母2隻と言っても1隻は全通甲板巡洋艦で乗せてる機数がヘリを除いて10機弱,, 合計でも12~3機ぐらいだったから余計にだよな。
    結局沈められたアトランティックコンベアを予備空母にして使うという話があったぐらいだからなぁ。

  3. いくら戦闘機あっても核持たないと無力の一言。一刻も早く核武装しないと。相手は核保有国の中朝だから・・・

  4. 核を2~3発もったところで日本よりはるかに広大な土地を持ち、少なくとも数百発の核は保有しているであろう中国と核戦争になったら、日本は確実に負けるのでは?

    • なんで数十発しか持たないわけ?数千発持てばいいでしょ。核持っているのと持っていないのでは大違いだ。

      <広大な中国には勝てない
      この理論は中国や米ロが必死に非核保有国の国民にそう思い込ませようとしている代表的な工作理論の一つだよ。さて、騙されているだけなのか工作員なのか・・・

    • 数千発って、アホじゃないか。。
      大量のプルトニウムの調達、核弾頭を搭載するミサイルの開発費や生産費、長期に渡る核兵器の維持や管理に関する費用、どうするつもりなのか。。。
      数千発レベルの核戦力をもっているのは米露だけ。それに次ぐ仏中だってそんなに持ってない。
      世界中の非難や制裁を無視して、公共サービス、福祉、社会インフラを全部諦めて軍事費に突っ込めばいけるかもね。
      日本が滅んでもいいから中国を滅ぼすというのなら、それもありかも。

  5. 尖閣有事の際に、日本の陸上航空基地は、敵国から攻撃される。
    #1 敵国本土からの弾道ミサイル攻撃
    #2 敵国軍艦、潜水艦から巡航ミサイル攻撃
    #3 日本国内に潜む、敵国人ゲリラからの攻撃
    敵国からの苛烈な攻撃により陸上航空基地の運用は、非常に困難になる。

    • そうなんだよね。空母不要論の人ってなぜか陸上基地は絶対安全と思ってるし、空中給油で飛び続ければ戦い続けられるとも思ってるみたいなんだよね。弾切れでも燃料満載して特攻しろ!とか思ってるのかな?

    • そもそも空中給油機はCAP任務で必要な編隊数を減らすためのもので、現場にとどまって継戦能力を高めるためのものではありません。また、そのような継戦能力が問題となるような長期、持久的な攻勢にさらされた場合、軽空母の戦闘機運用能力では焼け石に水です。

      陸上基地が使用不能になった場合のバックアップとして、確かに空母は一定の効果を持ちますが、仮にそのような全面的な陸上施設への攻撃が行われるような事態になった場合、当然敵はそれにふさわしい航空戦力を投入するであろうことから、いずも型2隻の能力だけでは攻勢を食い止めるには力不足です。

      ひゅうが型と連携すれば、確かにいずも型の戦闘機運用能力は上がるかもしれませんが、その代償として対潜能力を保持したまま展開できる護衛艦隊も4から2に半減し、広大な領海警備に穴が空きます。これは弾道ミサイルへの対応力が大幅に削られることを意味するのは当然お分かりでしょう。

      念のために付け加えますが、いずも型の空母への改装が全くの無意味という立場ではありません。

  6. まぁ中国とガチンコ勝負したら勝てないのだけれども、
    全面戦争になるようなならないような状況(昔は事変って言ってたような状況)だったら小型空母でも有効
    陸上基地についてははそうなのだけれども固定目標でいざ戰爭になったら先制攻撃でまず壊滅すると思っていい。
    移動する航空基地(空母)は思っているより撃滅は難しい存在
    また、尖閣辺りは那覇から遠く航続距離ぎりぎりで5分程度しか対空出来ないとか空母ならこれは無い(F35B)でSu35のコピーに対抗できるかはわからないけども

  7. 軍事はわからんし、費用対効果として空母はどうなのとなんとなく思うけど、ただこのライターは確かに以前にも否定記事書いてたな。
    特にこの記事は、条件も時代も違うフォークランド紛争一本鎗で結論出してるけど、発着艦が確かに物足りないのは解ったけど、そんだけ?という感じ。
    軍オタが書いた趣味ブログという印象だった。

  8. 結論としてさらっと書いている空中給油機が日本じゃ導入出来ないんだよ!
    侵略に繋がるうんぬんかんぬんで

    それで艦載機は空母でしか運用出来ない訳じゃ無いんだぜ!
    例えば陸の基地から離陸したF35Bが任務を終えて近くで待機中の空母に着艦したり、逆も出来る
    近海を専守防衛する自衛隊では、これで問題ない
    これだと単純計算で燃料が片道分となり出撃回数が2倍にできる

    もう一度エリア88を読み返してこいっ!

    • 日本も既にKC-767持ってますけど。さらにKC-46も買うみたいですよ。

      後半はその通り。補給拠点は所属基地と別で良い。88持ってないならBOOK-OFFへ急げ!

  9. 離島というのは主に尖閣のことを指しているの?
    「中国に渡せば」と言い放った堀江氏はともかく戦略的に
    アメリカに譲り渡すのもアリではないかと思う。
    その肝心のアメリカが欲しがるかは分からないけど
    ロシアがアラスカを売買した事例はある。
    また売買せずとも「租借地」させるというのもある。

  10. なるほど、よく分かりました。アメリカの東アジアにおける中国牽制の補填にはなると言う程度ですか。
    しかし、フォークランドで危なかった英国軽空母も、それが無かったら短期的勝利もなかった訳ですよね。
    ラッキーだった点もあったようだが、やはりその存在は大きかった。日本もイギリスと同じ島国。
    イギリスの軍備に習うところは大きいと思います。

  11. 軽空母インビンスブルが助かったのは、エグゾセを探知したときに付近の艦隊とともに一斉にECMをかけたので、目標を見失ったエグゾセが付近にいる艦船で一番大きいコンテナ船「アトランティック・コンベイヤー」に目標を再設定したためであり、たまたま助かったのとは違う。
    民間船のアトランティック・コンベイヤーにはECMは付いていない。
    (フォークランド紛争後に出たイギリス出版の日本語訳の本で詳細が載っていた。)

  12. そもそも想定が違うのですが。
    国際法違反の民間チャーター機に武装空挺部隊を載せて、民間機のフリして石垣島空港などに着陸して空港を占拠し、中国本土からステルス機を着陸させる侵攻がなされた場合を想定する。
    同時に、革マルや中核派が那覇空港を攻撃して迎撃機が出せないようにする。
    となると、九州から飛ばす事になる。武装強化すると燃料が足らなくなる。
    空港に居座る敵戦闘機を排除しても、燃料切れで墜落では撃墜されるのと変わらないじゃ無いですか。
    其処を、航続距離内に接近したいずもに着艦させ燃料と弾薬を補給して、パイロットに食事と用便を済まさせる。
    そうすると、空港制圧に又向かえるではないですか?
    艦隊防空戦闘つまり、フォークランド戦の焼き直しも必要ですしね。
    特に低空飛行で地平線に隠れて接近するJ20とか相手だしね。