東京23区「穴場始発駅」5選 座って通勤OK 都心直通 いろんな場所に行きやすい駅

電車に座って乗るために始発駅のある郊外へ引っ越し、という人もいるでしょう。しかし路線図や時刻表を見ると、東京23区内にも電車の始発駅はたくさんあります。都心に近くて楽に通勤できるオススメ駅を5つ選びました。

便利さで急浮上の始発駅「北綾瀬」「方南町」

「始発駅から座って通勤」。なんて魅力的な言葉でしょう。住宅の広告でもよく見かけるフレーズですが、「でも遠いんでしょう」と思いますよね。大手私鉄の路線図を見ると、主要路線は東京都を越えて隣県に達します。

Large 191004 anaba 01

拡大画像

駅ホームが延伸され、6両編成に対応した方南町駅(2019年9月10日、大藤碩哉撮影)。

 しかし、路線図を詳しく眺め時刻表を調べると、東京23区内にも始発駅はたくさんあります。そこで「23区内のオススメ始発駅」をピックアップしました。定義は「山手線の駅、または山手線内の駅に乗り換えなしで行ける始発駅」です。

 いま注目されている始発駅は、東京メトロ千代田線の北綾瀬駅(東京都足立区)と東京メトロ丸ノ内線の方南町駅(同・杉並区)です。どちらも2019年から都心への直通運転が始まりました。それまでは、短い支線の終端駅だったので大出世です。

 北綾瀬駅は1979(昭和54)年に開業しました。千代田線は1971(昭和46)年から綾瀬車庫を運用し、綾瀬駅と回送用の線路で結んでいました。その線路を営業運転してほしいという地元住民の要望で北綾瀬駅が誕生しました。ただし、運転区間は北綾瀬~綾瀬間だけ。都心へ向かうには乗り換えが必要で、電車も短い編成でした。

 しかし、プラットホームを10両編成対応に延長し、2019年3月16日から代々木上原方面の直通運転を開始。現在、朝の6時~8時台で25本中11本が直通運転、そのうち4本が小田急線にも直通します。日中も半分は直通し、所要時間は大手町まで26分、霞ケ関まで32分です。

 方南町駅は1962(昭和37)年に開業。元々、1駅隣の中野富士見町駅付近にある車庫の回送線を利用した路線です。営業する電車は、方南町駅と中野坂上駅を単純往復する2両編成でしたが、のちに3両編成になりました。しかし2019年7月5日、プラットホームを本線と同じ6両編成に対応した上で、本線に直通する電車が設定されました。

 現在、朝の6時から8時台で47本中16本が直通運転し、日中も3本に1本は直通します。所要時間は新宿まで11分、銀座まで29分。直通運転のほとんどが池袋行きですが、Uの字型の丸ノ内線では池袋へは遠回りになるため要注意です。

【写真】都心直通の発着駅に「大出世」!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191004 anaba 04
  • Thumbnail 191004 anaba 01
  • Thumbnail 191004 anaba 03

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

コメント