230mの展望施設「SHIBUYA SKY」 まもなく開業の「渋谷スクランブルスクエア」とは?

「渋谷スクランブルスクエア」第I期(東棟)が報道陣に公開されました。商業施設のほか、オフィスや産業交流施設も入る駅直結高さ約230mのビルです。「SHIBUYA SKY」は雨天でも、渋谷最高峰からのパノラマビューが楽しめます。

「旬」を体現した213店舗が入居

 2019年11月1日(金)に開業予定の大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」第I期(東棟)。展望施設「SHIBUYA SKY(しぶやスカイ)」を含めた施設内部が10月24日(木)、報道陣に公開されました。

「渋谷スクランブルスクエア」は渋谷駅直結・直上に立地。地下2階から地上14階までの商業施設、14階と45階、46階、屋上の「SHIBUYA SKY」、17階から45階までのオフィス、15階の会員制産業交流施設「SHIBUYA QWS(しぶやキューズ)」で構成されています。

Large 191024 skrnbl 01

拡大画像

「SHIBUYA SKY」へのエスカレーター(2019年10月24日、大藤碩哉撮影)。

 ファッションやレストランなどの商業施設には、物販126店、食物販57店、飲食28店、サービス2店の計213店が出店。うち、日本初上陸は7店、渋谷エリア初出店は49店、新業態は39店です。それぞれが「旬」を体現し、時代にふさわしい価値観を世界に発信することを目的に、「世界最旬宣言」をビジョンに掲げます。

 各階の床や天井などを見ると、「渋谷スクランブルスクエア」のロゴを模したデザインが随所にありました。また高層ビルのためか、エレベーターにはふたつの「種別」が設定されており、それぞれ「各階」「急行」とまるで列車のようでした。

【写真】渋谷最高峰からのパノラマビュー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 乗り物とあんまり関係ないんじゃ?

  2. エスカレーター暗すぎ
    事故起きるぞ