マリンジェット「MJ-GP1800R SVHO」国内初導入 ヤマハ発、水上バイク新モデルを発売

2020年モデル計7機種を発表!

Large 191101 mjgp1800rsvho 01

拡大画像

「MJ-GP1800R SVHO」(画像:ヤマハ発動機)。

 ヤマハ発動機は2019年11月1日(金)、水上オートバイ「マリンジェット」の2020年モデル計7機種を発表しました。

 既存の「MJ-GP1800」をマイナーチェンジしたハイパフォーマンス・スポーツモデル「MJ-GP1800R SVHO」が、国内に初めて導入されます。すでにアメリカで販売されている同モデルは、艇体(ハル)に超軽量・高強度の独自素材「NanoXcel2(ナノエクセル2)」を採用。高性能エンジン「Super Vortex High Output Engine(SVHOエンジン)」を搭載した従来の「MJ-GP1800」をベースに、船底部の構造物として新設計の「ライドプレート」と「トップローダーインテーク」を採用しています。

 発売は2020年2月1日(土)。メーカー希望小売価格は216万2230円(消費税別)です。「マリンジェット」合計で年間780台の販売を計画しています。

 また、ラグジュアリーモデル「MJ-FX Cruiser SVHO」「MJ-FXSVHO」「MJ-FX Cruiser HO」「MJ-FX HO」「MJ-VX Cruiser HO」「MJ-EXR」の6種は、新たなカラーリングが採用されます。メーカー希望小売価格は136万8670円~243万2230円(消費税別)です。2019年11月1日(金)から順次発売されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 格好いいけど管理が大変そうだから貸し出せる様にして欲しい