初代「ファントム」戦闘機 知ってる?「F-4 ファントムII」でなく 知名度段違いのワケ

一般的に「ファントム」戦闘機というと、F-4「ファントムII」を指すことが多いですが、「II」と付くように、その前に初代「ファントム」戦闘機が存在しました。知名度があるとはいえませんが、そこには納得の理由があります。

初代は文字どおり亡霊のように影が薄い存在

 F-4「ファントムII」戦闘機の「II」とは2代目という意味であり、当然初代「ファントム」戦闘機も存在します。しかし初代の方は、ほぼ無名です。どんな機体だったのでしょうか。

Large 191112 fh1 01

拡大画像

世界初の実用艦上ジェット戦闘機として誕生したFH-1「ファントム」戦闘機(画像:アメリカ海軍)。

 航空自衛隊も導入したF-4「ファントムII」戦闘機は、アメリカ製超音速ジェット戦闘機として最大の約5200機が生産されています。戦歴としても、ベトナム戦争や湾岸戦争、中東戦争などに投入され、さらにアメリカ海軍と空軍の両方の曲技飛行チーム、「ブルーエンジェルス」と「サンダーバーズ」で使われたことなどから、世界中で広く知られた存在です。

 そのため、一般的に「ファントム」戦闘機というと、F-4「ファントムII」を指すことが多いですが、その名が示すとおり、F-4は「ファントム2世」です。その前に初代のFH-1「ファントム」戦闘機がアメリカ海軍で制式採用されていたのですが、こちらはほとんど知られていません。

 実はFH-1「ファントム」戦闘機は、「世界初の艦上ジェット戦闘機」という栄誉を持っています。にもかかわらず、なぜこれほど知られていないのでしょうか。

 FH-1「ファントム」戦闘機は、第2次世界大戦中の1945(昭和20)年1月26日に初飛行しました。開発スタートはその2年前、1943(昭和18)年8月30日ですが、この「時期」が大きく関わっています。

【写真】ジェット戦闘機として初の空母離着艦に成功した日のFH-1「ファントム」

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191112 fh1 04
  • Thumbnail 191112 fh1 01
  • Thumbnail 191112 fh1 02
  • Thumbnail 191112 fh1 03

最新記事

コメント