新仕様のANA国内線用「ボーイング777-200」登場! 全席モニター 細部に様々な工夫

ANAが国内線用ボーイング777-200型機に新仕様を導入。全席に個人モニターが搭載されているほか、プレミアムクラス、普通席ともに、一見では分からないところに工夫が凝らされていました。ボーイング787-8型機にも導入予定です。

「目玉」は全席モニター 様々な工夫が凝らされた「新プレミアムクラス」

 ANA(全日空)が2019年11月16日(土)から、新シートを搭載する国内線仕様のボーイング777-200型機(機番:JA715A)を導入します。

 新シートの“目玉”は、全席に搭載された座席モニター。ビデオ番組やオーディオ番組、電子書籍などおよそ190チャンネルを見られます。ANA国内線の機内モニターは、エアバスA321neo型機など一部小型機で導入済みですが、中型機・大型機に導入されるのは今回が初めてです。

Large 191111 b7 01

拡大画像

ANA国内線新仕様のボーイング777-200型機「プレミアムクラス」(2019年11月11日、乗りものニュース編集部撮影)。

 まず、28席に増席された「プレミアムクラス」は横2-3-2列の配置。「重厚感」がテーマといい、ベースカラーはブラウン。床のカーペットも同様のカラーで統一されています。

 そのシートはファブリック製。横幅にゆとりを持たせる工夫が凝らされており、シートのひじ掛け下に足を入れられるスペースが設けられています(中央席を除く)。このことで、見た目以上に横が広く使えるようになっているとのこと。また、席にはそれぞれ大型の仕切り板が設置され、パーソナルスペースを拡充したといいます。

 モニターの大きさは15.6インチで、ANA国内線の中・大型機では最大サイズとのこと。PC電源とUSB充電ポート、スマートフォンが置ける小型テーブルと、90度回転させることで、用途や場面で縦横に使い分けられる大型テーブルなどを備えます。

【写真特集】全席モニターつきの機内 後ろから見ると壮観!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191111 b7 04
  • Thumbnail 191111 b7 05
  • Thumbnail img 4673
  • Thumbnail img 4691
  • Thumbnail img 4712
  • Thumbnail img 4755
  • Thumbnail img 4764
  • Thumbnail img 4773
  • Thumbnail img 4793
  • Thumbnail img 4808
  • Thumbnail img 4816
  • Thumbnail img 4833
  • Thumbnail img 4877
  • Thumbnail img 4888
  • Thumbnail img 4903
  • Thumbnail img 5000
  • Thumbnail img 5001
  • Thumbnail 191111 b7 01
  • Thumbnail 191111 b7 02
  • Thumbnail 191111 b7 03

最新記事

コメント