電車内の広告や情報、天気・混雑にあわせて画面切り替え 埼玉高速鉄道に世界初導入

全車両に順次導入します。

Large 191114 srdcmdooh 01
埼玉高速鉄道の車内に「ダイナミックビークルスクリーン」を設置する(画像:NTTドコモ)。

 NTTドコモと埼玉高速鉄道、ビズライト・テクノロジー、LIVE BOARDは2019年11月11日(月)、鉄道車両内のデジタルサイネージで世界初となる、環境の変化に応じて表示内容や広告を動的に切り替えられるダイナミックDOOH(Digital Out Of Home)事業を推進することで合意したと発表しました。

 ビズライト・テクノロジーが開発したデジタルサイネージ「ダイナミックビークルスクリーン」を採用。カメラとIoT機器を搭載し、AI(人工知能)で車内の混雑状況や温度・湿度を解析し、車内外の環境変化に応じた情報や広告を、ドコモのLTE回線を使用してリアルタイムに表示します。

 ゲリラ雷雨などの気象情報、災害時の緊急情報、車内の混雑具合や個人を特定しない形での年齢、性別などに応じた広告を配信します。

「ダイナミックビークルスクリーン」の設置やコンテンツ運用はビズライト・テクノロジーが行います。LIVE BOARDは日本初となるインプレッションに基づくDOOH広告を、広告枠の一部で配信します。

 埼玉高速鉄道の全車両を対象に、「ダイナミックビークルスクリーン」を11月中旬から順次設置し、2020年4月から本格営業を開始する予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 差別の肯定につながるんじゃないかな、これ

  2. >個人を特定しない形での年齢、性別などに応じた広告
    このサイトみたいにか?