相鉄が「1日乗車証」を無料配布 12月7日に限定1万枚 「相鉄・JR直通線」開業を記念

2020年1月31日までの1日限り有効です。

Large 191122 stt1daypass 01
配布する「1日乗車証」のイメージ(画像:相模鉄道)。

 相鉄ホールディングスは2019年11月21日(木)、相鉄・JR直通線開業記念の「1日乗車証」を12月7日(土)に1万枚限定で無料配布すると発表しました。

 1日乗車証は12月7日(土)から2020年1月31日(金)までのうち1日限り有効です。利用日は相模鉄道(相鉄)線内を自由に乗り降りできます。

 配布は12月7日(土)の朝9時半から横浜駅ビル「相鉄ジョイナス」の地下1階ホテル前広場と、二俣川駅の改札前広場で行われます。枚数はそれぞれ先着5000枚です。受け取る際は、交通系ICカード、相鉄線の定期券、ジョイナスポイントカードのいずれかを提示する必要があります。

 1日乗車証のほか、沿線スポットを紹介する冊子「相鉄線さんぽ」や、相鉄グループ施設などで使えるクーポンなどもあわせて配布されます。

 相鉄は、11月30日(土)に「相鉄・JR直通線」、2022年度下期に「相鉄・東急直通線」の開業を予定しています。今回の1日乗車証配布は、グループのイメージアップや沿線への誘客を図ることが目的です。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント