「飛行機環境に悪い」でツアー中止の一方 自ら「ジャンボ」操縦 世界渡るバンドの伝説

イギリスのバンド「コールドプレイ」が、観客の飛行機移動による環境負荷からワールドツアーを中止。一方、同国にはメンバーが飛行機を操縦しツアーするバンド「アイアン・メイデン」も存在。ジャンボの「専用機」まで運航しています。

ボーカルは航空会社のパイロット

 イギリスのロックバンド「コールドプレイ(Coldplay)」がワールドツアーを中止しました。その理由を同バンドのボーカル、クリス・マーティンさんは2019年11月21日(木)、「観客が飛行機で移動することで、大量の温室効果ガスが発生するため、環境への負荷が大きい」としているそうです。

 一方、同じ国には、バンドメンバー自ら飛行機を操縦してワールドツアーを行う、世界的にも名高いバンドがあります。1980(昭和55)年にデビューしたヘヴィ・メタルバンド「アイアン・メイデン(IRON MAIDEN)」です。

Large 191122 edo 01

拡大画像

羽田空港に飛来したアイアン・メイデンのボーイング747「エドフォースワン」(2016年4月、伊藤真悟撮影)。

 このバンドのボーカル、ブルース・ディッキンソンさんは、イギリスのアストライオス航空で、ボーイング757型機のパイロットだった経歴をもっています。

 その前歴を生かし、2008(平成20)年に行われた同バンドのワールドツアーでは、アストライオス航空のボーイング757型機をチャーター。ディッキンソンさん自ら操縦のもと、45日で5大陸を飛び回り、23公演を行いました。機内へ積み込まれたのは主に、機材やステージセットですが、ファンが会場国へ移動する際のフライトも、ファンサービスで担当したともいわれています。

 チャーター機の尾翼には、CDのジャケットに登場するキャラクター「エディ・ザ・ヘッド(Eddie the Head)」が描かれ、胴体にはバンドのロゴも。愛称はファンからの応募で選ばれた、アメリカの政府専用機「エアフォースワン(Air Force One)」をもじった「エドフォースワン(Ed Force One)」です。

【写真】ボーイング757バージョンの「エドフォースワン」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント