ANA 2020年に退役のB737-500「スーパードルフィン」 退役記念デカール貼付へ 残り3機

退役が決まっているANAのボーイング737-500型機「スーパードルフィン」。福岡空港で行われた「ファン感謝祭」に続く退役記念イベントは、退役記念デカールの貼りつけと退役記念商品の販売です。

福岡空港「ファン感謝祭」に続き第2弾

 ANA(全日空)グループが2019年11月26日(火)、2020年の春に全機退役する方針のボーイング737-500型機「スーパードルフィン」(運航はANAウィングス)の退役イベント第2弾を行うと発表しました。

「スーパードルフィン」は1995(平成7)年にANK(エアーニッポン。ANAグループで、2012年にANAと合併)で就航以来、主に福岡や伊丹発着路線を中心とした地方路線で活躍した機体。愛称は全長31mの胴体が「イルカ」に似ているところからつけられたといい、エンジンカウルに描かれた「イルカ」のイラストがトレードマークです。

Large 191126 b35 01

拡大画像

ANAのボーイング737-500型機「スーパードルフィン」(2019年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

 福岡空港で2019年9月に行われた第1弾の「ファン感謝祭」に続き、2019年12月上旬から、現在運航している3機(機番:JA305K、JA306K、JA307K)の機体前方左(L1)のドア付近とエンジンカウルに退役記念デカールが貼り付けられます。エンジンカウルのデカールは、機体ごとにデザインが異なり、「イルカ」のイラストが花束を携えているようイメージしたものとのこと。

 また2020年1月1日(水)から退役記念商品も販売開始。「スーパードルフィンショッピングバッグ」と「ステーショナリー4点セット」(各3000円)が「スーパードルフィン」の機内限定で販売されるほか、それ以外のANA機でも、国内線機内Wi-Fiコンテンツ「ANA STORE @SKY」から注文可能です。

【了】

【画像】3機それぞれ異なる「スーパードルフィン」エンジンカウルの「花束」

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント