観光列車「いさぶろう」にタブレット端末 ARや空撮映像で「新体感」観光サービス

人吉~吉松間で試験提供!

Large 191129 jrqdcm 01
タブレット端末の設置イメージ(画像:JR九州)。

 JR九州とNTTドコモは2019年11月29日(金)、人吉~吉松間を走る観光列車「いさぶろう」で、タブレット端末を用いた新体感観光サービスを試験提供すると発表しました。

 両社は2019年1月、「列車の車窓上でAR技術を用いた新体感観光サービスの提供をめざす協業協定」を締結しました。今回の取り組みは正式サービスに向けた試験サービス第1弾で、12月1日(日)から2020年3月31日(火)まで実施されます(年末年始除く)。

 具体的には、列車の位置情報にあわせた観光情報をタブレット端末の画面にリアルタイムで表示。さらに特定の場所で端末のカメラを通して記念乗車証や駅看板を見ることで、キャラクターなどが立体的に表示されるAR(拡張現実)機能を楽しめます。大畑駅のループとスイッチバックは、ドローンによる空撮映像と連動して体感できます。

 対象列車は「いさぶろう1号」と「いさぶろう3号」の人吉~吉松間です。タブレット端末は展望スペースと一部指定席に設置されます。

【了】

【画像】タブレット画面のイメージ

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191129 jrqdcm 02
  • Thumbnail 191129 jrqdcm 03
  • Thumbnail 191129 jrqdcm 01

最新記事

コメント