くもるクルマの窓ガラス すぐ消す&くもりにくくする方法は エアコンの効果的な使い方

冬場のドライブにおいて大敵ともいえるのが、ガラスのくもり。クルマの安全装備を支えるカメラセンサーなどのエラー原因にもなります。窓を開ける、エアコンを使うなどして取り除くことができますが、効果的な予防方法もあります。

くもりは「結露」 窓開けやデフロスターで除去

 冬のドライブではガラスがくもりがちです。特にフロントガラスは、視界を悪くするばかりか、各種安全装備を作動させるカメラセンサーのエラーにつながることもあります。なぜ冬、ガラスがくもりやすくなるのでしょうか。

Large 191205 foggy 01
雪の日にくもったフロントガラスのイメージ(画像:写真AC)。

 クルマのガラスのくもりは、家庭のガラス窓などでも見られる「結露」と同じです。かんたんにいえば、湿度が高い車内の空気が冷たいガラスで冷やされ、空気中に含められる水分量が減少、飽和した水分が水滴になってガラスへ付着する――窓がくもる、というわけです。

 こうした窓のくもりを素早く取り除く方法としては、窓を開け、乾燥した空気を車内に取り込むこと、そして、フロントガラスの「デフロスター」や、リアガラスの「デフォッガー」を使うことが挙げられます。

「デフロスター」は、エアコンで除湿された空気をフロントガラスに集中して送風し、くもりを素早く取り除くもの。「デフォッガー」は多くの場合、リアガラスに組み込まれた電熱線を発熱させるもので、こちらもくもりの除去を目的とした装置です。

どっちが「デフロスター」「デフォッガー」のスイッチ?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント