サイドブレーキ、カチカチに引く必要ある? どれくらいの力でかければいいのか

サイドブレーキのレバーを強く引くと、固くロックされ、力のない人にとっては戻すのも大変な場合があります。足踏み式のパーキングブレーキを含め、かける力の目安はあるのでしょうか。

基本は「完全に引っ張り上げる」

 自動車のパーキングブレーキには、一般的に「サイドブレーキ」と呼ばれるレバーで引くタイプや、足で踏みこむタイプがあります。

Large 180417 brake 01
サイドブレーキレバーのイメージ(画像:写真AC)。

 サイドブレーキを強く引けば、解除ボタンもレバーも固くロックされ、それを下げるのに力が必要になります。たとえば男性から女性に運転を交代したときに「固い」と言われてしまうこともあるかもしれません。サイドブレーキを製造するアドヴィックス(愛知県刈谷市)によると、「一定以上まで引き上げればしっかりとブレーキがかかります。それ以上強くすればするほど制動力が大きくなるというわけでもありません。ただ、どれほど引けばよいかは車種ごとに設定されていますので、一概には言えないでしょう」と話します。

 実際にサイドブレーキは、どれほど引けばよいのでしょうか。ホンダによると、「レバーを十分に引っ張り上げてください。そうでないと、ブレーキのかかりが甘いことがあります」とのこと。具体的な目安としては取扱説明書に書かれている「引きしろ」に示された力で、規定のノッチ数まで引き上げた状態だそうです。

 この「引きしろ」は、車種ごとに設定されています。レバーを引き上げると「カチカチ」と鳴りますが、この音の回数を「ノッチ数」といい、「引きしろ」は規定の力でレバーを引き上げた際に何ノッチでレバーがロックされるかという数値で示されています。たとえば「フィット」のサイドブレーキはモデルにより、約20kgの力で7~9ノッチまたは8~10ノッチとされています。

 ホンダによると、「引きしろの数値はあくまで整備上の目安ですが、規定のノッチ数に満たない引き方では、しっかりとしたブレーキ力が得られないことがあるのです」といいます。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180417 brake 02
  • Thumbnail 180417 brake 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ちなみに、近年は… 以下のラスト1文が尻切れトンボだな。電動制御パーキングブレーキの場合は操作した時の手ごたえがどんな感じになったら異常を疑うべきなのか、まで描かなきゃ駄目だと思う。