品川に「リニア中央新幹線の巨大な穴」完成 深さ80m直径30m ここから大深度東京を掘削

まず品川~名古屋間で建設されているリニア中央新幹線。その「都市部非常口」の立坑が、初めて完成しました。トンネル建設の拠点になる「巨大な穴」で、ここから発進したシールドマシンが、東京の大深度地下を掘っていきます。

「都市部非常口」の立坑として初の完成

 JR東海が2019年12月11日(水)、深さ約83m、直径およそ30m(開口部)にもなる巨大なたて穴(立坑)が、東京都品川区内で完成したと発表しました。

Large 191211 linear 01

拡大画像

完成したリニア中央新幹線「北品川非常口」の立坑(画像:JR東海)。

 2027年にまず品川~名古屋間での開業が目指されている、リニア中央新幹線の建設にともなうものです。地上から80mという深い場所にあるその穴の底、側面に設けられた円状の部分から、「シールドマシン」という円筒状の穴を掘る機械を水平方向に発進。東京の大深度地下に、最高速度500km/hの超電導リニアが走る「第一首都圏トンネル」を掘っていきます。

 リニア中央新幹線の始発駅である品川駅と、相模原市の橋本駅付近に設けられる隣の神奈川県駅(仮)のあいだは、全区間がこの第一首都圏トンネル。その長さは約37kmにもなります(この立坑から発進したシールドマシンがその全区間を掘るわけではない)。

Large 191211 linear 02

拡大画像

この側面の穴から、水平方向にシールドマシンで掘り進める。人と比べると、その大きさがわかる(画像:JR東海)。

 この立坑は、品川駅から神奈川県駅(仮)方面へ1.5kmほど行った場所にあり、路線の開業後は、万が一の事態に備える「北品川非常口」になります。

 リニア中央新幹線は、トンネルの各所に非常口を用意。この「北品川非常口」の立坑は、都市部にある非常口(都市部非常口)の立坑では最初に完成したものだそうです。その工事は2016年7月にスタートしました。

【地図&図解】リニア中央新幹線「北品川非常口」の場所と「シールドマシン」イメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント