小田急が御殿場のアウトレットに造ったホテル「HOTEL CLAD」温浴「木の花の湯」に行く

小田急グループが「御殿場プレミアム・アウトレット」内へ、新たに「HOTEL CLAD」と温浴施設「木の花の湯」をオープン。ともに立地を生かした「富士山ビュー」が大きな特徴ですが、アウトレット内の施設らしい個性が見られます。

「御殿場プレミアム・アウトレット」に新しい楽しみかたを

 小田急グループが手がけるホテル「HOTEL CLAD(ホテル クラッド)」と温浴施設「木の花の湯(このはなのゆ)」が2019年12月15日(日)、静岡県御殿場市の「御殿場プレミアム・アウトレット」内に誕生します。

「御殿場プレミアム・アウトレット」の第4期増設工事が、買い物だけではない新しいアウトレットの楽しみかたを提案しようと2020年春の完成を目指し進められているなか、先駆けて開業するものです。

Large 191210 oer 01

拡大画像

「御殿場プレミアム・アウトレット」内に誕生する小田急の「HOTEL CLAD」と温浴施設「木の花の湯」(画像:小田急電鉄)。

 オープン前の12月9日(月)に両施設を取材したところ、印象的だったのは「日本」です。内装デザインは、ホテルが和紙を案内板に用いるといったモダンな「和」、温浴施設が古民家風の梁(はり)などクラシックな「和」の傾向で、部屋からも温泉からも「日本」を象徴するひとつである富士山の眺め。両施設とも、その立地ならではの「富士山の眺望」を最大限に生かした設計にしたそうです。

 ホテルでは、ロビーへ入ると正面の大きな窓に富士山が絵画のように浮かび上がり、温浴施設では、高台から富士山とその麓の御殿場市街を見下ろす開放的な眺望が待っていました。

「HOTEL CLAD」と「木の花の湯」は一体的に運営されており、ホテル宿泊客は「木の花の湯」の大浴場とレストランも使用できます。

小田急「HOTEL CLAD」「木の花の湯」を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント