スタッドレスタイヤ何年使える? 3~4年多いが経年数だけでは難しい判断 交換目安は

スタッドレスタイヤは何年使えるのでしょうか。なかには、あまりすり減っていないけれど、製造年が古いタイヤを使っている、という人もいるかもしれません。経年の影響はどう考えるべきなのか、メーカーに聞きました。

スタッドレスタイヤ「使用期限」はあるのか

 スタッドレスタイヤは、何年使えるのでしょうか。交換の時期や経年の影響について、住友ゴム工業(ダンロップ)、トーヨータイヤ、日本ミシュランタイヤの3社に聞きました。

 住友ゴム工業によると、実績値として交換する人が多いのは、3シーズンから4シーズン(3年から4年)とのこと。ただ、メーカーとして使用期限を具体的には示していないそうです。トーヨータイヤは、「直射日光をどれほど受けていたかなど、使用中における気象の影響や、装着されていない期間の保管方法などでも大きく変わるため、使用可能な年数を具体的に定める事は困難です」と話します。

Large 191209 studless 01
スタッドレスタイヤを使用中のクルマ(画像:Anna Grigorjeva/123RF)。

 なかには、製造から年数は経っていても、溝はあまり減っていないというケースもあるでしょう。日本ミシュランタイヤは、「単純に経年数でタイヤの使用可否を判断するのは正しくない」といいます。

 実際、2シーズン前(2年前)に製造されたタイヤでも、適正な環境に保管されていれば99%の性能を保つ、というタイヤ公正取引協議会の試験データもあります。同協議会は、「製造から何年も経過したタイヤは性能が大きく低下するのではないか」という消費者からの懸念の声を受け、2018年度に経年タイヤの氷上制動性能の検証試験を実施しました。上記の数値は、試験に使用した国内外5社製品の平均値です。

テーマ特集「【タイヤ特集】交換時期からメンテナンス方法までクルマのタイヤを徹底解説 購入・交換時に役立つタイヤチェーンやパンク対策情報も」へ

【写真】スタッドレスタイヤの交換サイン「プラットホーム」とは

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191209 studless 02
  • Thumbnail 191209 studless 01

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント