新幹線「のぞみ」時間短縮 東京から新大阪は2時間半以内 博多は平均4時間59分に

N700A統一で所要時間短縮!

Large 191213 jrcwnozomi 01
東海道・山陽新幹線を走るN700系(2011年10月、恵 知仁撮影)。

 JR東海とJR西日本は2019年12月13日(金)、ダイヤ改正を2020年3月14日(土)に実施すると発表しました。

 東海道新幹線は、車両が最高速度285km/hのN700Aタイプに統一されることから、「のぞみ」東京~新大阪間の所要時間は最大7分短縮。平均所要時間は4分短縮され、2時間29分になります。

 東海道・山陽新幹線を直通運転する「のぞみ」もすべてN700Aタイプに統一され、うち112本(定期70本、臨時42本)で時間を短縮。平均所要時間は、東京~広島間の定期「のぞみ」が現在より2分短い3時間55分に、東京~博多間の定期「のぞみ」も2分短い4時間59分になります。

【了】

【比較表】短くなる「のぞみ」所要時間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント