6000系電車で高松から松山へ JR四国が製造25周年記念ツアー 車両モーター有無選べます

プランは「クハ・クモハ」と「サハ」の2種類!

Large 191217 jrs6000tour 01
6000系近郊形電車(画像:JR四国)。

 JR四国は2019年12月17日(火)、「奏でろGTO-VVVF!キメる先頭車ダブルパンタ!! 三色帯(トリコロール)なびく6000系電車製造25周年記念ツアー」を実施すると発表しました。

 おもに高松地区の予讃線や土讃線を走る6000系近郊形電車が、2020年度に製造25周年を迎えます。今回の日帰りツアーはこれを記念するもので、団体貸切列車として高松~松山間と松山~伊予西条間を走ります。

 出発日は2020年1月19日(日)、集合は高松駅、解散は伊予西条駅です。プランは、好みに合わせて2種類から選べます。「クハ・クモハプラン」は、モーターなしの1号車(クハ)とモーター付きの3号車(クモハ)の両方に乗車(途中駅で交代)で1万500円(子ども9000円)、「サハプラン」はモーターなしの2号車(サハ)に乗車で1万円(同8500円)です。

 ツアーの予約受付はウェブサイト「JR四国ツアー」で20日(金)午前10時から、ワープ松山支店と新居浜駅ワーププラザの店頭と電話は26日(木)午前10時からです。

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント