夜行バス 乗るときはここに注意&工夫を! 用意すると便利&快適なアイテムリスト

便利グッズで夜行バスをより快適に!

 では、夜行バスで快適に過ごすために、どのような準備が考えられるでしょうか。次のようなグッズを持っていくとよいかもしれません。

・荷物を入れる小袋:前座席裏のフックに紐を引っ掛けられる巾着などは特に便利かもしれません。

・充電用USBコード、コンセント用差し込みプラグ:現在は多くのバスで、スマートフォンなどの充電用USBポートまたは電源コンセントが座席ごとに備え付けられています。

・アイマスク、耳栓:わずかな音や光でも、気になって眠れないということもあるので、持っておくと安眠につながります。

・マスク、飲料水:マスクは風邪予防だけでなく、乾燥気味の車内で保湿にも役立ちます。適度な水分補給も乾燥対策に効果的です。

Large 191224 yakou 02
夜行バス車内(3列独立シート)の例。通路側に仕切りカーテンが備わっている車両もある(2019年3月、伊藤真悟撮影)。

・携帯用スリッパ、ネックピロー(首まくら):同じ格好で長時間過ごすと足がむくみます。小さく折りたためるスリッパを使い、靴を脱いで過ごすとよいでしょう。また、ネックピローで頭や首を支えておくと、翌朝の疲れ防止につながります。

・厚地ソックス:多くのバスでは冷え対策としてブランケットを貸し出していたり、座席に備え付けていたりしますが、特に窓側座席はカーテンで閉め切られているとはいえ、寒く感じることがあります。厚地のソックスがあれば、靴を脱いだ際の足元の冷え対策にも役立ちます。

 車内の体感温度は、バスの構造や座席の位置によっても大きく異なり、暑く感じることもあります。脱ぎ着が容易な服装にするのもポイントです。

【了】

●高速バス・夜行バスに乗る女性におすすめのグッズとは?

プラネタリウム付きや完全個室も! 最新夜行バス車内

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント