横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野~新百合ヶ丘延伸「東側ルート」に 駅位置も決定

「東側ルート」に決まりました。

Large 200122 ykhm3route 01
横浜市営地下鉄ブルーラインの延伸概略ルートと駅位置(画像:横浜市交通局)。

 横浜市と川崎市は2020年1月21日(火)、横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野~新百合ヶ丘間の延伸ルートと駅位置について、「東側ルート」で合意したと発表しました。

 東側ルートは、現在の終点であるあざみ野駅(横浜市青葉区)から、嶮山付近(同)、すすき野付近(同)、ヨネッティー王禅寺付近(川崎市麻生区)に新駅を設置し、小田急線の新百合ヶ丘駅南口付近(同)に至ります。延長は約6.5km、概算事業費は約1720億円です。

 延伸は2019年1月に事業化が決定。4駅のうち、嶮山付近、すすき野付近、新百合ヶ丘駅南口付近の3駅は、位置がほぼ決まっていましたが、川崎市内のルートと途中1駅については、東側ルート、王禅寺公園付近(川崎市麻生区)を通る中央ルート、白山付近(同)を通る西側ルートの3案が提示されていました。

 今回、川崎市北部地域の公共交通網の充実や、駅周辺活性化などの観点から、スポーツ施設「ヨネッティー王禅寺」付近を通るルートに決定。2030年の開業を目指します。

 両市によると、新百合ヶ丘~あざみ野間は現在の約30分から約10分に、新百合ヶ丘~新横浜間は約35分から約27分にそれぞれ短縮するとしています。

【了】

【地図】検討されていたルート3案

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント