武漢チャーター便でも使用 羽田空港第2ターミナルのユニーク施設「サテライト」とは

「新型コロナウイルス」に関し、邦人救援チャーター機の初便が羽田空港に到着、第2ターミナル別棟サテライトに駐機しました。この「サテライト」、実はとてもユニークな施設なのですが、館内はどのようになっているのでしょうか。

普段は対象便利用者のみが入れる羽田空港「サテライト」

 中国で発生した「新型コロナウイルス」の感染拡大を受け、日本政府は現地に残る日本人救援のためチャーター便を手配、武漢を発った最初の便が2020年1月29日(水)午前、羽田空港に到着しました。

 チャーター便を運航したのはANA(全日空)で、この到着便はANAが拠点とする同空港第2ターミナルから離れた、貨物エリアの一部にある別棟「サテライト」に駐機しました。実はこの施設、羽田空港ならではのユニークなものです。

Large 200129 t2 01

拡大画像

羽田空港第2ターミナル別棟「サテライト」(2020年1月、乗りものニュース編集部撮影)。

 飛行機に搭乗、降機するとき、利用者は空港のターミナルビルから搭乗橋(ボーディングブリッジ)を使うか、あるいはバスや徒歩で機体のかたわらまで行き、階段が備え付けられた車両(タラップ車)で乗り降りするのが一般的です。

 ところが羽田空港のサテライトからの搭乗、降機方法はこのどちらでもあり、どちらでもないといったユニークなものです。

 サテライトから出発する際、利用者は一旦第2ターミナルの本館で保安検査を通過したのち、専用のゲートから一旦バスでサテライトに向かいます。到着したサテライトは3基の搭乗橋が設置されていて、利用者はそこから本館と同じような形で、搭乗橋を使って飛行機に乗り込みます。到着の際の流れはその逆で、バスで本館まで戻ったのち手荷物受取などを行います。

 なお、このサテライトには、その対象便の航空券を持っていないと入ることができません。飛行機がどのスポットに割り当てられるかを、前もって完全に把握するのは難しいため、このユニークな施設を使えるかどうかは運次第です。

【地図】羽田第2ターミナル「サテライト」へのアクセス

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to つかさ Cancel reply

3件のコメント

  1. 新型肺炎に伴う武漢市在留邦人帰還に関連した北サテライトについての記事内、
    2ページ目チャーター便の到着日が2019年になっています。

    • ご指摘ありがとうございます。 当該箇所を修正しました。

  2. まさかの国内線第2タミに到着かよ