渋谷駅ハチ公前広場の電車 「ハチ公の故郷」秋田大館に移設へ 東急5000系「青ガエル」

渋谷駅ハチ公前広場に設置され、「青ガエル観光案内所」として使用されている元東急5000系電車「青ガエル」。同じ場所に銅像が建つ「忠犬ハチ公」の故郷である秋田県大館市へ、それを移設するプロジェクトが動き出しました。

渋谷駅の大規模開発が進むなか、元東急5000系「青ガエル」も変化

 渋谷駅ハチ公前広場に置かれ、観光案内所として使われている元東急5000系電車(通称「青ガエル」)。その移設プロジェクトが動き出し、2020年2月9日(日)に記者発表会が行われました。

 移設先は、秋田県の北部に位置する大館(おおだて)市。いま「青ガエル」が置かれている渋谷駅前の広場、そこに銅像が建つ秋田犬「忠犬ハチ公」の生まれ故郷です。

 現在、渋谷駅周辺では「100年に一度」ともされる大規模再開発が進行中。そうしたなか、渋谷区が所有する「青ガエル」の今後の活用について模索された結果、同区と「忠犬ハチ公」が縁の交流がある大館市へ移設し、両市区の親交の象徴として活用を目指すことになったといいます。

Large 200209 5000 01

拡大画像

渋谷駅ハチ公前広場の元東急5000系電車「青ガエル」(画像:渋谷区観光協会)。

 東急5000系電車は1954(昭和29)年、東横線でデビュー。丸みを帯びた下ぶくれの前面形状、緑色の塗装から「青ガエル」と呼ばれるようになります。東急線からは1986(昭和61)年に引退しましたが、譲渡された車両が引き続き長野や静岡などの鉄道会社で走行。そして2016年まで熊本電鉄で使用されていたものを最後に、全車両が現役から退きました。

 渋谷駅ハチ公前広場に設置されている車両は、2006(平成18)年に渋谷区が東急より譲り受けたもので、「青ガエル観光案内所」として利用されています。

【地図】「ハチ公の故郷」秋田県大館市の場所

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to はのい Cancel reply

2件のコメント

  1. 今の状態の青ガエルなんか持って行って『観光客の誘致』とか、果たして集客効果は如何ほどなのか?
    邪魔だから持って行ってどうぞとしか思ってない様な気がします。どうせ屋根なんて付けないでしょうし、10年程度で老朽化とか言って解体コースの予感?

  2. こんなものにするために自社の系列会社で保存していた「文化財」を放り出した東急も理解できないし、それをさらに一万歩譲ってもこじつけとすら理解できない大館に送り出す渋谷区もまた同罪。
    あんな変わり果てた姿にさせられた時点で最早文化財的価値も失われていたが、これでもう終わったとしか…。