「阪神タイガース電車」「甲子園電車」阪神武庫川線に登板!車内に虎マークやマウンド

内装も凝っています。

Large 200221 hnsnmuko 01
武庫川線用の5500系「タイガース号」(画像:阪神電鉄)。

 阪神電鉄は2020年2月21日(金)、兵庫県西宮市内を走る武庫川線の車両を置き換え、5月末から同線で新デザインの車両を運行すると発表しました。

 車両は、本線などで各駅停車として使われてきた5500系電車を武庫川線用に改造します。阪神電鉄によると、武庫川線は阪神甲子園球場や鳴尾浜球場が近接していることから、いずれの編成もデザインは「野球」をテーマにするとのこと。また、前面と側面に「武庫川」の文字を路線図風にアレンジしたシンボルマークを配置します。

 今回は「阪神タイガース」と「阪神甲子園球場」をテーマにデザインした2編成が完成しました。

「阪神タイガース」がテーマの「タイガース号」は、外観を球団カラーの黄と黒とし、内装はユニフォームをイメージ。さらに阪神タイガースのマークを車内外の随所に配置しています。

「阪神甲子園球場」がテーマの「甲子園号」は、外観を、球場のツタ、芝、白線をイメージさせる緑と白でデザイン。車内は、床面が球場の土やマウンドなど、側面が球場外壁のレンガをイメージしたデザインです。

 なお、残りの編成のテーマや、武庫川線での運転開始日などについては、後日告知されます。

【了】

【写真】「甲子園号」は緑と白でデザイン

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント