「量産型N700S」姿あらわす 新型新幹線車両 その性能は? 体感してほしい乗り心地とは

新型新幹線車両「N700S」の量産車が完成。クレーンにつられトレーラーに載り、日本車両の豊川製作所からJR東海の浜松工場へ運ばれます。確認試験車の成果を受け登場した量産車、「乗り心地」には特に気が配られているようです。

新型新幹線「N700S」すでに確認試験車は東京~新大阪間を300往復以上に相当

 JR東海が送り出す新型新幹線車両「N700S」。その量産車をトレーラーに積載する様子が2020年2月25日(火)、車両製造工場である日本車輌製造 豊川製作所(愛知県豊川市)で報道陣へ公開されました。

 今回、クレーンで宙に浮いたのは、N700S最初の量産車編成「J1編成」における16号車(744-1)。今後、直線距離で約30km離れたJR東海の浜松工場(静岡県浜松市)へ道路上を輸送され、そこで16両編成になり、試験などが行われます。ちなみに豊川製作所では、15号車(747-501)もすでにトレーラーへ搭載されていました。

Large 200225 n700s 01

拡大画像

トレーラーに積み込まれるN700S量産車(2020年2月25日、恵 知仁撮影)。

 N700Sは、東海道・山陽新幹線の主力車両であるN700系(N700A)の後継車両で、2018年に「確認試験車」が登場。それを用いて試運転した成果を反映し、製造されたのが今回の「量産車」です。確認試験車はこれまで33.4万kmを走行しているそうで、その距離を単純に当てはめると、東京~新大阪間を300往復以上していることになります。

 この量産車が5編成用意されたのち、2020年7月1日(水)、N700Sの営業運転が開始される予定です。

 東海道・山陽新幹線の現在における主力車両「N700系」は、2007(平成19)年にデビュー。N700Sは、それから13年ぶりの新型車両になります(2013年登場のN700AはN700系の改良型で、N700Sのようなフルモデルチェンジ車両ではない)。

「量産型N700S」の性能&出荷風景を写真でチェック! 妻面に「N700Sプレート」も

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 「N700系」は、2007(平成13)年にデビュー。になってますよ。

    • ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。