需要高まるクルマの灰皿 なぜ? 禁煙の流れも市場10億円 厳しくなる喫煙環境 追い風か

社会的に禁煙の流れが進むなか、カー用品市場においては、灰皿などの喫煙具の需要が拡大しています。クルマに内蔵されるタイプの灰皿も新車から激減していますが、そこにこそ商機がありました。

実際売れてるクルマの灰皿 加熱式タバコ普及で市場変化

 社会的に禁煙の流れが広まるなか、カー用品店では2020年現在も、車載用灰皿のコーナーが一定の規模を占め続けています。カー用品メーカーのカーメイト(東京都豊島区)によると、実は車載灰皿は年間10億円もの市場で、同社では車載用スマートフォンホルダーに次ぐ重要ジャンルと考えているそうです。

 車載用灰皿について、カーメイトに話を聞きました。

Large 200313 ash 01
車内での喫煙ニーズは増えているのか。写真はイメージ(画像:Vladimir Nenov/123RF)。

――ここ数年で車載用灰皿のニーズが増えているでしょうか?

 禁煙の流れのなか、喫煙者人口は年々減っていますが、新車への灰皿の装着がほとんどなくなったこともあり、純正オプションやアフター用品として灰皿のニーズが高まり、市場は拡大しました。また、路上や建物内での喫煙禁止といった流れを受け、車内でタバコを吸う方が増えていることも、その背景にあります。

 加えてここ数年は、紙巻タバコから「IQOS(アイコス)」などの加熱式タバコへの移行も増え、その充電スタンドなどの需要も高まっています。紙巻タバコを想定した車載用灰皿の市場は、やや減少しているものの、加熱式タバコ専用スタンドや吸い殻入れといったものを加えれば、市場は拡大しています。

※ ※ ※

 加熱式タバコについてJT(日本たばこ産業)は、タバコに火をつけて燃焼させるのではなく、専用の機器にタバコを差し込み加熱させ、その蒸気を楽しむもの、と説明します。カーメイトによると、その機器の充電、ホールド、吸い殻入れの機能を備えたオールインタイプの商品が特に人気とのこと。「それぞれを別々に用意するのではなく、ひとまとめにすることで、車内がごちゃごちゃしないといった点でも人気です」と話します。

【画像】車載用灰皿 最上級モデルは「火種を一瞬で消す」

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント