JAL×ANAコラボ「聖火特別輸送機」ついに姿現す! B787「TOKYO 2020号」今後の予定は

成田空港で東京五輪の聖火特別輸送機「TOKYO 2020号」が姿を見せました。モデルプレーンでのデザインは発表されているものの、実機の公開は今回が初になります。塗装はJAL、ANAのロゴが並び、赤と金のラインがあしらわれています。

機体前方にJAL ANAのロゴが並ぶ聖火特別輸送機

 成田空港にあるJAL(日本航空)の格納庫から2020年3月15日(日)、見たことのない塗装をまとった飛行機が姿を現しました。「TOKYO 2020号」と名付けられた、本年開催が予定される「東京オリンピック」の聖火特別輸送機です。

Large 200314 2020 01

拡大画像

成田空港で姿を見せたボーイング787の東京五輪聖火輸送機「TOKYO 2020号」(2020年3月15日、乗りものニュース編集部撮影)。

 機体には、白ベースに赤、そして金色の塗装がちりばめられており、胴体前方には「聖火をもって走る姿」が金色で描かれ、垂直尾翼には、聖火リレーのエンブレムがあしらわれています。機体前方には、「東京オリンピック」のエンブレム、そしてそれを挟むように、今回の聖火リレーサポーティングパートナーであり、特別輸送機を共同運航するJAL、ANA(全日空)のロゴマークが並びます。

 デザインコンセプトは、今回の聖火リレーのコンセプト「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう。」をベースに、聖火リレーによる1本の希望の道を表現しているとのことです。2019年10月、この特別デザインを施した模型が公開されていましたが、実機が姿を現すのは、今回が初めてのことです。

 また、機体がボーイング787-8型機であることは明らかになっていましたが、どちらの会社のどの機体が輸送機を担当しているのでしょうか。

まもなく聖火輸送 JAL&ANA並ぶ特別塗装「TOKYO 2020号」写真でチェック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 今後の予定って、聖火輸送後の運用にも触れてほしかった。

  2. これにいくらの税金ぶちこんだの?
    オリンピックなんかやめてしまえ。