電車が羊に 「ひつじでんしゃ」東急こどもの国線に登場 車内は牧場風景

「うしでんしゃ」とともに走ります。

Large 200319 tqhitsuji 01
東急こどもの国線「ひつじでんしゃ」(画像:東急電鉄)。

 東急電鉄とこどもの国協会、雪印こどもの国牧場は2020年3月19日(木)、「こどもの国」(横浜市青葉区)のPRの一環として、羊をイメージしたラッピング電車「ひつじでんしゃ」をこどもの国線(長津田~こどもの国)で29日(日)から運行すると発表しました。

 こどもの国に併設されている雪印こどもの国牧場では、約30頭の羊や約40頭の牛などが飼育されており、実際に動物に触れ合い、バター作りや乗馬、乳搾りなどを体験できます。

「ひつじでんしゃ」は、こどもの国線を走るY0系電車1編成(2両)を雪印こどもの国牧場の羊に見立て、外観はホワイト系とブラウン系でラッピングします。内装は牧場風景で装飾し、電車に乗りながら牧場にいるような感覚を楽しるといいます。

 こどもの国線では、2018年10月から牛をイメージしたラッピング電車「うしでんしゃ」が運行中。当初、2020年3月までの期間限定でしたが、好評につき運行が継続されることが決まりました。こどもの国線全3編成のうち、2編成がそれぞれ「うしでんしゃ」「ひつじでんしゃ」として今後運行されます。

【了】

【写真】東急こどもの国線「ひつじでんしゃ」車内は牧場風景

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント