ついに開業「羽田空港第2ターミナル新エリア」に行ってみた 絶景の出発フロア

羽田空港第2ターミナルに新設された国際線用エリアを取材してきました。出発フロアはまさに「全天候型展望デッキ」、そして、利用者の利便性が上がるような最新鋭の設備の数々が備わっていました。

景観だけなく音もポイントの羽田空港新エリア

 羽田空港は、国際線ネットワークが大きく拡充されることにともない、第3ターミナル(旧国際線ターミナル)のほか、これまで国内線用施設だった第2ターミナル南側エリアを拡張、2020年3月29日(日)より供用開始しました。ANA(全日空)の一部国際線が発着するようになります。

Large 200329 hnd 01

拡大画像

供用開始された羽田空港第2ターミナルの国際線エリア 出発フロア(2020年3月29日、乗りものニュース編集部撮影)。

 羽田空港第2ターミナル新エリアの「玄関」ともいえるのが、3階にある出発フロアです。このフロアは壁が全面ガラス張りで、天井は最大18mと高く、開放感に溢れています。ガラス張りであることから、施設前で駐機中の飛行機が間近に見えるほか、エンジン音もよく聞こえます。またC滑走路に面していることから、そこで離着陸する様々な航空会社の飛行機が見え、まるで全天候型の展望デッキのようです。

 保安検査場の入り口には、現在の搭乗口の状況がリアルタイムに表示され、間仕切りのガラスには文字情報が投影されるなどの空間演出がなされています。

 もちろん、利用者の利便性を考慮した最先端設備が導入されているのも、新エリアの特徴です。

遂に登場! 羽田空港第2ターミナルの新国際線エリアを写真でチェック

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント