ついに開業「羽田空港第2ターミナル新エリア」に行ってみた 絶景の出発フロア

新エリアには最新設備とうれしい設備の数々!

 羽田空港第2ターミナルの新エリアは、利用者の待ち時間を削減するための設備が整っています。出発フロアには自動チェックイン機のほか、自動手荷物預け機が26レーン備わり、これまで通過に待たされることが多かった保安検査エリアも、4人で同時利用できる最先端のスマートレーンが10台導入されました。

Large 200329 hnd 02

拡大画像

供用開始された羽田空港第2ターミナル国際線エリアの搭乗待合室(2020年3月29日、乗りものニュース編集部撮影)。

 保安検査と顔認証式の出国検査場を抜け、制限エリア内に入るとすぐ免税店があり、そこをエスカレーターで2階に降りると搭乗待合室です。エスカレーターのかたわらには、バラエティ豊かな11店舗が入店するフードコートが広がります。

 新エリアの搭乗口は、搭乗橋(ボーディングブリッジ)を用いたゲートが3つと、バスゲート、そして国内線と時間帯で区切り併用されるスイングゲートで構成されています。スイングゲートを除くと、羽田空港のほかのエリアと比べコンパクトにまとまっているといえるでしょう。搭乗待合室のベンチは、コンセント設備が充実しています。

 このほか、新エリアには空港ラウンジやANAのラウンジが新設されています。特にANAのラウンジは、同社のラウンジ施設の中でも最大級だそうで、「ANAスイートラウンジ」が約360席、「ANAラウンジ」が約900席とのことです。

【了】

遂に登場! 羽田空港第2ターミナルの新国際線エリアを写真でチェック

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント