羽田空港に誕生 ANA渾身の最新国際線ラウンジ 行ったら驚いた スイートにはベッドまで

羽田空港第2ターミナルの国際線エリアオープンにともない新設された、ANAの新ラウンジを取材しました。「国内最大級」という広さはもちろん、ベッドが設置されているなど、設備の充実ぶりもポイントでした。

一面に大きく広がる明るい「ANAラウンジ」

 羽田空港第2ターミナルの国際線エリアが2020年3月29日(日)に供用開始されたことにともない、そのエリアに新設されたANA(全日空)ラウンジも同日からオープンしました。

 このラウンジのポイントはその規模です。ANAマイレージクラブの最上級会員やファーストクラス利用者などが使える「ANAスイートラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)」が約360席、ビジネスクラス利用者なども利用できる「ANAラウンジ」が約900席、計1300席弱を配し、その規模は国内最大級とのことです。

Large 200331 ana 01

拡大画像

羽田空港第2ターミナル国際線エリアにできたANAの新ラウンジ(2020年3月29日、乗りものニュース編集部撮影)。

 新設ラウンジは、国際線エリアの出国審査場を抜けて、右手にあるエスカレーターを上ったところにエントランスがあります。それぞれのラウンジはエントランスからふた手に分かれており、左側が「ANAラウンジ」、右側が「ANAスイートラウンジ」です。

「ANAラウンジ」は、1フロアに大きく広がったレイアウトとなっており、明るい雰囲気が特徴的です。フロア内には目の前で調理してくれるライブキッチンやヌードルバーが設置されているほか、夜にはバーカウンターも営業されます。ぱっと見たところでは見逃してしまいそうですが、実はカウンターの椅子にも、スマートフォンなどを充電できるよう電源コンセントがついているのもポイントです。

 フロアには、仕切りのないソファがずらりと並んでいますが、その一番奥まったところには、半個室のブース型エリアが設置されています。

羽田第2ターミナルのANA新ラウンジを写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント