羽田空港に誕生 ANA渾身の最新国際線ラウンジ 行ったら驚いた スイートにはベッドまで

ベッドあります「スイートラウンジ」 今後は一層設備充実

 一方「ANAスイートラウンジ」の入り口は、竹をそのまま使用した装飾があしらわれており、いわゆる和モダンな印象のものです。内部は3つのフロアで構成されており、「ANAラウンジ」とくらべ、少し落ち着いた雰囲気があるのが特徴です。

 スイートラウンジの目玉ともいえるのが、入り口と同じ階の奥まったところにある「ナッピングエリア」でしょう。薄明り程度の照明のなか、ベッドやリクライニングチェアが配され、一部はパーテーションで個室のように囲われています。さらに、一部ではテレビを視聴することもできるので、ごろ寝しながらテレビを見る、といった過ごし方も可能です。

 そのほか、お昼の時間はバリスタによるコーヒーなどが楽しめるバーカウンターが設置されており、下層階には、ライブキッチンなどが設置されています。

Large 200331 ana 02

拡大画像

羽田空港第2ターミナル「ANAスイートラウンジ」内のナッピングエリア(2020年3月29日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ANAは今後、第2ターミナル内に到着用のラウンジもオープンさせる予定で、目玉は、同社ラウンジでは初となる足湯エリアとのことです。また、これら3つのラウンジいずれにもシャワー室が備わっていますが、到着用のラウンジは一部バリアフリーに配慮した18室を設置予定といいます。

 なおこれらの新ラウンジは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、2020年3月31日(火)現在、食事を個食、個包装で提供するなどの対応を実施しているほか、スタッフもマスクなどを着用しています。状況が回復次第、平常通りのラウンジサービスを提供するとのことです。

【了】

羽田第2ターミナルのANA新ラウンジを写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント