JR東日本 臨時列車の指定席発売見合わせの対象期間を5月末まで延長 新型コロナ影響

計562本が指定席発売見合わせの対象に加わります。

Large 200403 jrerinji 01.
秋田新幹線「こまち」の一部臨時列車も指定席発売見合わせの対象に(画像:写真AC)。

 JR東日本は2020年4月3日(金)、臨時列車の指定席の発売を見合わせる期間を5月末まで延長すると発表しました。

 新型コロナウイルスの影響で利用が低迷していることを受け、JR東日本はすでにゴールデンウィーク期間中(5月1日~6日)に運転する新幹線や特急・快速の臨時列車計725本について、指定席の発売を見合わせると発表しています。

 今回はさらに、5月7日(木)から31日(日)までの期間に運転を予定していた新幹線の臨時列車421本、在来線特急・快速の臨時列車141本が加わる形です。

 JR東日本はこれらの臨時列車について、事態の推移や利用動向により、指定席の発売や運転取り止めなどを判断していくとしています。

【了】

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント