西鉄 路線バス特別減便ダイヤを5月連休に実施 福岡地区は35%減 新型コロナ影響

北九州地区は10%減です。

Large 200422 nishitetsu 01
西鉄バスが行き交う北九州市内(2019年11月、乗りものニュース編集部撮影)。

 西日本鉄道は2020年4月22日(水)、新型コロナウイルスの影響による需要の減少にともない、5月2日(土)から6日(水)のあいだ、福岡地区および北九州地区の路線バスを「特別(減便)ダイヤ」にて運行すると発表しました。

 この4日間、福岡地区は路線バスの本数が約35%、北九州地区は約10%削減されます。これは、日曜祝日ダイヤと比べての削減幅です。なお、筑豊・久留米地区は期間中、日曜祝日ダイヤで運行されます。

 高速バスについても、この4日間は減便が実施されます。福岡~北九州線は、通常の土曜・日曜祝日が1日あたり174本から178本のところ、各日148の運行になるほか、福岡~行橋線は運休します(通常は1日あたり24本から28本)。

 特別ダイヤ期間中の詳細な時刻は、4月25日(土)から各バス停に掲出されるほか、西鉄グループウェブサイトの時刻表検索ページで検索も可能になるそうです。

【了】

テーマ特集「【新型コロナウイルス対応特集】新幹線や飛行機の換気はどうなってる? 定期券払い戻しの注意点など」へ

【すでに減便中】西鉄バス 5月1日までの地区別運行状況

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント