駅や列車内の忘れ物 その行方は? 持ち主が分かればウェブ検索可能に サービスの背景

駅構内や車内での忘れ物のうち、拾得されたものは駅などで保管され、物品の名称や特徴のほか、記名があれば持ち主の情報がシステム上で管理されます。日々数多くの問い合わせがあるという忘れ物。ついに検索サービスが公開されました。

本人が特定できるものなら、ウェブサイトで検索可能

 東京メトロは2020年3月31日(火)から公式ウェブサイト上で、駅構内や車内で拾得された忘れ物を検索できるサービスを開始しました。対象となるのは運転免許証やパスポートなどの公的証明書、記名式のICカード乗車券など本人が特定できるもの、またはそれらが入った財布や袋類など本人が特定できるものを含む忘れものです。

 利用方法は、公式ウェブサイトのトップページ下にある「お問い合わせ(お忘れ物・ご意見等)」から「お忘れ物をしたときは」のページを開き、そこで画面右下に表示されるウィンドウへ対話形式で情報を入力していくだけです。

Large 200422 wasure 01

拡大画像

列車内の忘れ物のイメージ(画像:写真AC)。

 忘れ物をしたのはいつか、どのような忘れ物をしたか、名前を確認できるものは何かを表示される一覧から選択し、最後に名前を確認できる品物に記載されている名前を入力すると、該当する忘れ物があるかどうか、自動的に検索が行われ、結果が表示されます(一覧に表示されない忘れ物はこのサービスの対象外なので、駅やお客様センターに問い合わせる必要があります)。それらしい品物が見つかった場合は、公的証明書類と印鑑を持って保管場所まで取りに行けば、受け取ることができます。

【写真】忘れ物を届けるなどするともらえるカード

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント