ドライブスルー図書館 本の宅配も 閉鎖続く図書館クルマに着目 新型コロナ転機に?

新型コロナの影響で全国の図書館が長期閉鎖されるなか、ドライブスルーによる貸出など、クルマに着目して一部サービスを再開する動きが見られます。市民の声を受けた形での対応ですが、これを機に、図書館が変化する可能性もあります。

新型コロナ下 広がる「ドライブスルー図書館」

 新型コロナウイルスの影響により、2020年5月現在、多くの図書館が臨時閉館しています。東京都立図書館などは2月末から閉館しており、政府の緊急事態宣言が出た4月以降は、全国に拡大しました。このため記者やライターからも、調べものに難渋しているといった声が多く聞かれます。

 そうしたなか、館外にカウンターを設け、予約図書の貸出のみを行うなどして一部サービスを再開するところも見られます。山口県の宇部市立図書館はそれに加え、市内の2館において、クルマに乗ったまま本を借りられるドライブスルー方式を4月下旬に導入しました。

 大型連休明けには福井市立図書館でも一部の施設でドライブスルー方式を始めたほか、茨城県の常総市立図書館も今後、特定の日に実施する予定で、その動きが広まっているようです。

Large 200513 toshokan 01
2020年5月現在、全国的に図書館が臨時閉館している。写真はイメージ(画像:写真AC)。

「本が読みたい、何とか工夫して本を貸し出してもらえないか、といった市民の声を受けて実施しました。当館の場合は、入口に続く長い進入路があり、縦列で10台くらい駐車が可能です。これを活かせるのではないかと考えました」(宇部市立図書館)

 宇部市立図書館のドライブスルーサービスは、インターネットで図書の予約を受け、準備ができ次第メールなどで利用者に知らせ、開館時間内に取りに来てもらう方式だそうです。通常、予約の翌日には受け取れるものの、利用が集中すると判断した場合は、日をずらして準備完了を知らせていることもあり、多いときでも車列は6、7台だといいます。

 同図書館ではこのサービスを、臨時閉館する5月24日(日)まで続ける方針で、通常どおりの開館を再開した後の継続は考えていないとのこと。「予約図書を1冊ずつ書架から取りに行くので手間がかかるうえ、予約図書の置き場にも限りがあります。本来、書架から自由に本を選んでいただくのが、お互いにとってよいことです」と話します。

テーマ特集「【新型コロナウイルス対応特集】新幹線や飛行機の換気はどうなってる? 定期券払い戻しの注意点など」へ

【画像】立地が利いてる宇部市立図書館本館の「ドライブスルー図書館」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント