特急「大雪」は全便運休へ JR北海道の減便拡大 新型コロナで利用低迷続く

稚内方面の特急も減便が行われます。

Large 200520 jrhgenbin 01
網走方面の特急列車のダイヤグラム(画像:JR北海道)。

 JR北海道は2020年5月20日(水)、新型コロナウイルスの影響により列車の利用減少が続いていることを踏まえ、31日(日)までとしていた列車の減便を当面継続するとともに、6月14日(日)から一部の特急や普通列車で運休を追加すると発表しました。

 特急「ライラック」「カムイ」(札幌~旭川)は現在、1日あたり10本が運休していますが、6月14日(日)から2本増の12本が運休します。

 網走方面は、特急「大雪」(旭川~網走)が4本すべて運休。これにより石北本線の特急は「オホーツク」(札幌~網走)4本のみに減ります。

 稚内方面は、特急「サロベツ」(旭川~稚内)2本が新たに運休します。これにより宗谷本線の特急は「宗谷」(札幌~稚内)2本と「サロベツ」2本に減ります。

 特急「北斗」(函館~札幌)は、運休本数が4本から6月14日(日)以降6本に増えます。室蘭方面の特急「すずらん」は4本の運休が継続されます。

 帯広方面の特急「とかち」も6本の運休が継続されます。

【方面別の本数推移】3月以降減便が拡大していることが分かる

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント