「ひのとり」一挙増発 近鉄の新型名阪特急 新型コロナによる減便も解消

阪奈特急としても1往復増発です!

Large 200602 hinotori 01
新型名阪特急「ひのとり」(画像:近畿日本鉄道)。

 近畿日本鉄道は2020年6月2日(火)、新型名阪特急「ひのとり」を6月13日(土)から増発すると発表しました。また現在、土休日に運休している名阪特急3往復も、同日からすべて運転を再開するとしています。

「ひのとり」は「アーバンライナー」の置き換えとして、3月に大阪難波~近鉄名古屋間などで運転を開始した新型特急です。現在の6両編成3本に加え、今回さらに6両編成4本が増備され、同区間の特急(名阪特急)は「ひのとり」での運転が現在の1日6往復から、平日10往復、土休日11往復に増えます。これらは「アーバンライナー」から「ひのとり」へ置き換えられる形です。

 また、大阪難波~近鉄奈良間の特急は現在1往復「ひのとり」で運転されていますが、6月15日(月)から、「アーバンライナー」で運転されている列車が置き換えられ、平日のみ2往復になります。

 近鉄は今後の名阪特急について、2020年度中に平日15往復、土休日19往復をすべて「ひのとり」で運転するとしています。

【了】

【詳細時刻表】「ひのとり」で運行される名阪&阪奈特急

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント