まもなく開業 日比谷線56年ぶり新駅「虎ノ門ヒルズ」はこんな駅 さらに進化予定

虎ノ門が「交通の要衝」になっていきます!

 東京メトロ日比谷線56年ぶりの新駅として、2020年6月6日(土)、霞ケ関~神谷町間に虎ノ門ヒルズ駅(東京都港区)が開業します。このオープンを間近にひかえた駅の様子を、東京メトロが公開しました。

Large 200604 toranomon 01

拡大画像

虎ノ門ヒルズ駅を通過する日比谷線の13000系電車(東京メトロ提供)。

 虎ノ門ヒルズ駅は、都心と臨海部を結ぶBRT(バス高速輸送システム)、空港リムジンバスも発着可能なバスターミナルや、周辺の再開発ビルに接続するほか、東京メトロ銀座線の虎ノ門駅とも乗り換えが可能。虎ノ門ヒルズ駅の開業が、虎ノ門地区の「交通結節機能」をいっそう向上させるといいます。

 なお今回の開業では、改札がホームのある地下1階に設置されていますが、2023年には地下2階へ移設される予定。隣接する再開発ビル内の駅広場ともつながって、「駅とまちが一体となった空間」を通じ、地上と地下をスムーズに行き来できるようになるそうです。

【了】

【写真で見る!】日比谷線56年ぶり新駅「虎ノ門ヒルズ」はこんな駅に!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 今に日比谷線は大型7両とも言う13000系への時代となり、そいつにしても銀座駅は有楽町線銀座一丁目駅との乗り換えが可能な駅ともなり、乗り換え可能時間を30分から60分に拡大され、ちょっとした食事や寄り道等にも役立つだろう。

  2. 交通の要衝というほどまでは