東京で自転車レーン整備加速 「新しい生活様式」対応 自転車通勤も国ぐるみで推進

路肩の青いライン、もっと増えそうです。

Large 200619 jitensha 01
道路の左側に設置された自転車レーン。ここでは自転車レーンの車道側に停車帯が設けられている(画像:東京国道事務所)。

 国土交通省関東地方整備局 東京国道事務所は2020年6月18日(木)、東京23区内の国道および主要都道において、自転車通行帯などを今年度に約17km整備すると発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大を防止する「新しい生活様式」による、自転車交通量の増加に対応するとしています。

 さらに2020年秋までに、東京23区内を対象として自転車通行空間の整備計画を策定し、おおむね3年で整備する予定だそうです。

 国土交通省では従来から、自転車活用推進計画に基づき、自転車通勤の促進などに取り組んできましたが、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」においても、自転車通勤は人との接触を低減する取り組みのひとつとされました。政府および地方公共団体がこれを推進し、事業者に対して必要な支援などを行うこととされています。

 ちなみに国土交通省は5月末日に、自転車通勤制度の導入時に検討すべき事項をまとめた「自転車通勤導入に関する手引き」を公表しています。

【了】

【地図】東京23区内「自転車通行帯」の整備状況

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 未来に揃えて自転車通勤に十万円台のクロスバイク購入しました。皆さんもぜひこの機会にフィットネス始めましょう。