立ち乗りスクーター注目! glafit新作 クラファンで1億円突破 密避け通勤 スカートで乗れる

クラウドファンディング価格で1台12万2000円からです。

Large 200710 glafit 01
glafit「X-SCOOTER LOM」(画像:glafit)。

 電動キックボードならぬ「立ち乗りスクーター」に注目が集まっているようです。和歌山市の乗りものメーカー「glafit(グラフィット)」が、2020年5月28日(木)からインターネットのクラウドファンディングサービス「Makuake」を通じて先行予約販売を開始した電動の立ち乗りスクーター「X-SCOOTER LOM(クロススクーターロム)」、この応援購入総額が7月6日(月)に1億円を突破しました。

 グラフィットは2017年、第一弾製品となる折りたたみ自転車タイプの電動バイク「glafitバイク」(現在の製品名は「GFR-01」)を「Makuake」にて先行予約販売し、およそ2か月で当時の国内クラウドファンディング史上最高額となる1億718万円を集めましたが、「Makuake」で1企業のプロジェクトが連続で1億円を超えるのは初めてだそうです。

「クロススクーターロム」は電動キックボードのようでありながら、原付一種に該当し、「ステップにまたがり立ち乗りで運転するスクーター」(グラフィット)とのこと。ライディング感覚はバイクのようでもあり、スキーのようでもある、新しい乗り心地だといいます。

 購入者の声としては、交通機関の「3密」を回避する手段として通勤で利用したいという声が多いとのこと。また、スカートでも乗れるといった服装を選ばない点から、今回は女性の購入者が「glafitバイク」より5ポイント多い12%を占めるそうです。

 グラフィットは「クロススクーターロム」について、「電動キックボードのように気軽に乗れるモビリティで、環境と安全性への配慮を十分に考慮し、キックボードを日本の法令にあと付けで合せるのではなく、glafitが新しいモビリティを生み出すことで、Last One Mileの移動をデザインすることにしました」といい、その点に支持が集まっているとしています。

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 車道しか走れないのに、歩道を走る動画は誤解を与えて良くないし、そもそも、このナンバープレート、この運転手の方、道路交通法違反ですから。

    • ここはタイル貼りで歩道っぽく見えますが車道ですよ

  2. 渋谷区役所横の公道ですね!道交法的に何も問題ないかと!