世界一派手かもしれない空中給油機誕生! 正体は英王室御用達機…VIP運ばずなぜ燃料?

イギリス王室も使用する同国空軍のVIP輸送機がその外観を一新、派手なユニオンジャックをまといお披露目されたと思いきや、改装後の初任務は戦闘機への空中給油でした。VIPを運ばずなぜ燃料を運んでいたのか、もちろん理由があります。

ユニオンジャックまとうVIP輸送機 その名は「ベスピナ」

 イギリス空軍は2020年6月26日(金)、VIP輸送機「ベスピナ」が新塗装で初の任務を行なったと発表しました。

Large 200706 raf 01

拡大画像

F-35B戦闘機に空中給油を行なう「ベスピナ」(画像:イギリス空軍)。

 イギリス空軍のVIP輸送機は日本の政府専用機などと同様、王(皇)室メンバーや閣僚などの外遊の際などに利用される航空機です。しかし「ベスピナ」の初任務はイギリス空軍と海軍の共同演習「クリムゾン・オーシャン」で、イギリス空軍のF-35B戦闘機やユーロファイター「タイフーン」に空中給油を行なうという、VIP輸送機としては風変わりなものでした。とはいえ、これには理由があります。

 機体後部から垂直尾翼にかけて、鮮やかなユニオンジャックが描かれた「ベスピナ」は、一見するとエアバスのA330-200旅客機に見えますが、実のところその正体はA330-200旅客機をベースに開発された空中給油、輸送機A330-200MRTT(イギリス空軍での名称は「ボイジャー」)であり、戦闘機などへの空中給油能力はそのまま残されています。

 航空自衛隊が運用しているKC-767など、現代の空中給油、輸送機はキャビンの貨物スペースに座席パレットを搭載して多数の乗客を輸送する能力を備えており、KC-767も最大200名の乗客を空輸することができます。

 KC-767はボーイング767の貨物機型をベースに開発されたためキャビンに窓がありませんが、A330-200MRTTはA330-200の旅客機型をベースに開発されたためキャビンに窓が設けられており、機体もKC-767より大型で最大300名を収容する能力を備えています。

【写真】改装前はこんな感じか いくらなんでも地味すぎる「ボイジャー」

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 空中給油機には乗ってみたいけれど、トーマスクック・エアラインって親会社の破産により2019年9月23日から運航停止なっていませんでしたっけ?