新型コロナに九州豪雨 再開間近のレストラン列車襲う なおも「予定通り運行」目指す意味

西日本を襲った豪雨で九州の鉄道は大きな被害を受けました。熊本と鹿児島を結ぶ肥薩おれんじ鉄道もそのひとつですが、レストラン列車「おれんじ食堂」は、予定通り月末の再開を目指すといいます。列車に対する思いと現状を聞きました。

運転再開を待つばかりだったピカピカの「レストラン列車」

 2020年7月3日から数日にわたって九州地方を襲った「令和2年7月豪雨」は、場所によっては1時間100mm以上にも及ぶ猛烈な降水量で、各地の鉄道にも大きな被害を及ぼしました。「観光列車王国」とも呼ばれるほど列車の種類が多彩な九州地方ですが、外出自粛の影響による運休から通常の体制に戻ろうとしていた「ななつ星」など、各地の観光列車は運行予定を大幅に変えざるを得ない事態に陥っています。

 そのなかで、運行再開を目前にしていたもののひとつが、肥薩おれんじ鉄道のレストラン列車「おれんじ食堂」です。熊本から鹿児島にかけて広がる海沿いの絶景を眺めながら、車内でコース料理を味わえるこの列車は、新型コロナウイルスによる外出自粛の影響もあり、2020年3月末から運休していました。その間、車両の定期的な全体検査を進め、車両もピカピカになったタイミングで地域を襲ったのが、今回の豪雨です。

Large 200715 orange 01

拡大画像

東シナ海に沈む夕陽を背に走る「おれんじ食堂」(画像:肥薩おれんじ鉄道)。

 肥薩おれんじ鉄道の出田貴康(いでたたかやす)社長によると、周辺の天気が崩れ始めた7月3日にはほぼ通常運行を保っていたものの、4日未明に1時間あたり50ミリを越える雨が数時間降り続き、朝には運行ができない状態となりました。「おれんじ食堂」の運行再開を7月31日に控えていたなかでの今回の災害に、出田社長も無念さを滲ませます。

 沿線の熊本県芦北町(あしきたまち)内では、4日未明に起きた川の氾濫のため、線路や駅などが水没し、トンネルは土砂の流入で天井近くまで埋まったそうです。このほか、肥薩おれんじ鉄道線の被害は八代~川内(せんだい)間の全線で45か所以上にも及んだといいます。全線での運行再開は、2020年7月14日(火)現在でめどが立っていないそうです。

【写真ギャラリー】絶景レストラン列車「おれんじ食堂」車内とメニュー/被災状況など

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント