新観光列車「36ぷらす3」JR九州初の6人個室 ドーム天井のビュフェ復活 787系で7県周遊

JR九州が新しい観光列車(D&S列車)「36ぷらす3」の車内レイアウトを発表。787系電車6両を使用し、全車グリーン車とします。座席のほか2・4・6人用個室、ビュフェ、車内イベントなどに使う「マルチカー」を設定します。

「36ぷらす3」は全車グリーン車

 JR九州は2019年12月20日(金)、新しい観光列車(D&S列車)「36ぷらす3」の車内レイアウトを発表しました。

 この列車は2020年秋に運行開始予定。「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」をコンセプトに、九州7県を5日かけて周遊します。

Large 191220 jrq36p9 01

拡大画像

観光列車「36ぷらす3」3号車ビュフェのイメージ(画像:JR九州)。

 車両は特急「かもめ」「きらめき」「にちりん」「きりしま」などに使われている787系電車を使います。6両編成で全車両グリーン車です。デザインは787系や「ななつ星in九州」などを手掛けた水戸岡鋭治さん(ドーンデザイン研究所代表)が担当。外観はグレーから黒に変わります。

 1号車から3号車までは個室、5号車と6号車は座席タイプの客室になります。3号車には17年ぶりにビュフェが復活します。4号車は車内での体験イベントなどを行う「マルチカー」として使われます。

【地図】観光列車「36ぷらす3」の運行ルート

最新記事

コメント