「兄弟でANAの機長になる!」 でも先輩は弟 「兄弟パイロット」の夢、実現のドラマ

「兄弟でANAの機長になる!」――そんなある兄弟の夢が実現し、兄弟ふたりの手によるフライトが行われました。しかし、パイロットの道へ先に進んだのは弟で、機長になったのも弟が先。なぜ兄は、弟の背中を追ったのでしょうか。

カメラのフィルムが切れ、「パイロットになろう」

 2019年7月5日(金)、ANA(全日空)の羽田発福岡行きNH247便で、1人のパイロットが「機長」としての初フライトを迎えました。機長の名は廣田圭司さん。そして、その右側に副操縦士として座るのは、3歳下の弟である廣田義記さんでした。

Large 190705 brother 01

拡大画像

兄の廣田圭司機長(右)と弟の廣田義記機長(2019年7月5日、伊藤真悟撮影)。

 弟の義記さんは2018年3月、先に機長へ昇格済み。この日は兄の門出を祝うため、副操縦士としての乗務です。兄弟ふたりでの乗務は、弟の義記さんが機長として初フライトを迎えた際に、兄の圭司さんが副操縦士として乗務したとき以来、今回が2回目です。

 先に弟が機長になる、というと逆のようにも思えますが、それには理由があります。

 弟の義記さんは、子どもの頃からANAのパイロットになることが夢。航空大学校でライセンスを取得したのち、ANAに入社しました。

 一方、兄である圭司さんは銀行に就職。その後、ANAの自社養成パイロットに合格し、現在に至ります。

Large 190705 brother 02 Large 190705 brother 03 Large 190705 brother 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

兄の廣田圭司機長。
肩の「4本線」は機長の証。
弟の廣田義記機長。

 ANAへの入社は、兄の圭司さんが1年早いですが、入社後にパイロットのライセンスを取得する兄と、ライセンスを持って入社してくる弟という関係から、「パイロット人生」は弟の義記さんのほうが先になっているのです。

 いわば「弟が先輩になる」という状況のなか、兄の圭司さんが銀行員という仕事からANAのパイロットを目指した背景には、なにがあったのでしょうか。

【写真特集】一緒に大空へ! ANA廣田圭司・義記機長の「兄弟フライト」

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190705 brother 08
  • Thumbnail 190705 brother 09
  • Thumbnail 190705 brother 10
  • Thumbnail 190705 brother 11
  • Thumbnail 190705 brother 12
  • Thumbnail 190705 brother 13
  • Thumbnail 190705 brother 14
  • Thumbnail 190705 brother 15
  • Thumbnail 190705 brother 16
  • Thumbnail 190705 brother 17
  • Thumbnail 190705 brother 01
  • Thumbnail 190705 brother 02
  • Thumbnail 190705 brother 03
  • Thumbnail 190705 brother 04
  • Thumbnail 190705 brother 05
  • Thumbnail 190705 brother 06
  • Thumbnail 190705 brother 07

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 宇宙兄弟みたいでいいね!