豪雨の爪痕明らかに JR九州730か所で被災 久大・鹿児島本線は運転再開見通し

肥薩線だけで被災件数450件と判明しました。

Large 200721 higai 01

拡大画像

流出した肥薩線の球磨川第一橋梁。トラスの一部が川に横たわる(画像:JR九州)。

 JR九州は2020年7月21日(火)、7月上旬から続いた「令和2年7月豪雨」による同社線の被災状況について続報を発表しました。

 熊本県南部の球磨川沿いを走る肥薩線では、流出した球磨川第一橋梁(きょうりょう)をはじめ、7月13日(月)時点に65件の被災が確認されていましたが、今回、450件に修正されました。また、久大本線では145件、鹿児島本線では26件、そのほかの線区では倒木や土砂流入、線路浸水、盛土流出など109件の被害を把握したとのこと。JR九州全体の被災総件数は、7月20日(月)時点で17線区、730件に上っています。

 一方、久大本線と鹿児島本線については、次の区間で運転再開の見通しが立ちました。

●鹿児島本線
・熊本地区:長洲~植木間で8月3日(月)から運転再開予定。
・鹿児島地区:串木野~鹿児島中央間で7月27日(月)から運転再開予定。同日から川内~櫛久野間でバス代行輸送開始(なお川内~隈之城間は7月20日から一部列車で運転再開済み)。8月1日(土)から川内~鹿児島中央間での運転再開予定。

●久大本線
・日田~豊後森間で8月8日(土)から、庄内~向之原間で8月末から運転再開予定。なお由布院~向之原間では7月14日(火)よりバス代行輸送を実施。

 なお、球磨川沿いの区間を含む肥薩線の八代~真幸間については、復旧のめどが立っていないとのことです。

【了】

【地図】球磨川沿いの肥薩線 被害の全貌

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント