「Go To」対象の高速バス&定期観光バス旅行サイト登場 個人旅行に焦点 掲載無料

バス事業者への直接予約だと対象外なんです……。

Large 200723 gotobus 01

拡大画像

「高速バスで行く!Go Toトラベル」サイト画面(画像:オーエイチ)。

「高速バスを使う自由旅行」と「定期観光バス」について、国の観光需要喚起策「Go Toトラベル」の対象となる旅行を紹介する特設サイトが登場しました。

 高速バスと宿泊・観光を組み合わせた周遊旅行を紹介するインバウンド向け旅行サイト「Corritrip.jp」を運営するオーエイチ(東京都渋谷区)が、同サイトへ新たに日本人向けコンテンツとして、「高速バスで行く! Go Toトラベル」を新設。「Go To」事業が始まった7月22日(水)より、各旅行会社やバス事業者から掲載の申し込みを受け付けています。

「Go To」事業は、宿泊付きや日帰りのバス旅行も対象ですが、「現地の宿泊や観光とセットで申し込む(高速バスによる往復のみでは対象外)」や「旅行会社や一部の予約サイトを経由して申し込む(バス事業者への直接予約は対象外)」といった条件があり、一般消費者にはわかりづらい面があることから、これを簡単に検索でき、旅行予約の促進につなげる考えがあるといいます。

 一般的に「バス旅行」というと、「パッケージツアー(バスツアー)」が想起されますが、そのおもなターゲットであるシニア層は、感染リスクを考慮して参加を控える、あるいは、食事を含む全行程を複数の参加者と同行することを気にする人も多いと考えられるとのこと。需要の回復に時間がかかる一方で、高速バスを使い自由に行動するスタイルの旅行は、個人単位で食事、宿泊することから、今後の伸びが期待されるそうです。

 また、各地で運行されている定期観光バスも、今回のサイトで取り扱われます。これは、遠出せず旅行気分が味わえるものとして、地元在住者の利用が増えることが考えられるとのこと。

 なお、旅行商品の掲載は無料で、各社のウェブサイトに掲載されている情報などから、オーエイチの判断で掲載することもあるといいます。同社は「『コロナ後』の観光需要の回復、観光産業の成長のため支援を続けてまいります」としています。

【了】

【画像】「Go To キャンペーン」の対象となる旅行商品

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント