ありそうでなかった? 路線バス用「窓バイザー」発売 窓開け時の雨水防ぎ換気促進

車内の換気実験動画も必見です。

Large 200728 fuso 01

拡大画像

路線バス用ウィンドバイザーの取り付けイメージ(画像:三菱ふそう)。

 三菱ふそうトラック・バスは2020年7月28日(火)、大型路線バスの側窓に取り付ける「ウィンドバイザー」を発売したと発表しました。

 乗用車の側窓上部に見られるバイザーのバス版で、三菱ふそうの大型路線バス「エアロスター」に後付けが可能です。「エアロスター」の開放可能な窓は、横に開く引き戸になっているため、垂直方向の開放部を覆う縦型の部品になっています。

 これを窓の前側と後側にそれぞれ装着することで、雨水の車内侵入を防ぎつつ10cmほど窓を開けることができ、車内のさらなる換気が可能になるといいます。

 バスの運行をめぐっては、新型コロナウイルス感染予防のため、エアコンの外気導入モードを使用するなど換気の促進が推奨されており、路線バスではさらに、窓を開放しながらの運行が実施されています。

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント