就役13年でリタイア開始 米海軍のフリーダム級ほか小型水上戦闘艦「LCS」は失敗作か?

ご長寿兵器が話題になる一方で、制式採用されながら短命に終わるものもあります。そのひとつが、アメリカ海軍の小型水上戦闘艦、フリーダム級とインディペンデンス級です。就役からわずかな期間で退役開始する理由に迫ります。

もう退役? アメリカ海軍艦艇「LCS」とは

 2020年6月20日(土)、アメリカ海軍は水上戦闘艦「LCS」(Littoral Combat Ships、沿海域戦闘艦)の1番艦「フリーダム」、2番艦「インディペンデンス」、3番艦「フォートワース」、4番艦「コロナド」の4隻を、2021年3月31日をもって実任務から外して、予備保管状態に置く方針を発表しました。

Large 200724 lcs 01

拡大画像

アメリカ海軍 フリーダム級LCS「フリーダム」(画像:アメリカ海軍)。

 現代の軍艦は運用期間が長くなる傾向にあり、通常は30年以上運用されますが、「フリーダム」は2008(平成20)年の就役からわずか13年、「コロナド」に至っては2014(平成26)年の就役からわずか7年で、第一線を退くことになります。

 20世紀末、アメリカ海軍は対テロ戦などの「非正規戦」や麻薬の密輸阻止といった、戦争以外の軍事作戦に奔走していました。アメリカ海軍は当時、これらの任務にイージス・システムを搭載するタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦とアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦、スプルーアンス級駆逐艦、オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートをあてていましたが、冷戦時代にソ連などとの正規戦を想定して開発されたこれらの水上戦闘艦は大きすぎて、迅速な展開が必要な非正規戦や戦争以外の軍事作戦には使いにくいと、同海軍は考えていました。

 当時スプルーアンス級は2000(平成12)年ごろ、オリバー・ハザード・ペリー級も2010(平成22)年ごろには完全退役が見込まれていたことから、アメリカ海軍は両級を後継する、まったく新しいコンセプトの水上戦闘艦の建造を決定しました。その水上戦闘艦がLCSということになります。

 アメリカ海軍は当初、ロッキード・マーチンの提案した半滑走船型案と、ジェネラル・ダイナミクスが提案した三胴船型の両案で2隻ずつを建造し、比較審査でどちらかひとつの設計案を選ぶ方針でしたが、2010年10月に方針を変更して、ふたつのタイプを並行して建造することとし、ロッキード・マーチン案の艦をフリーダム級、ジェネラル・ダイナミクス案の艦をインディペンデンス級と命名しました。

【画像】LCSに代わるのは汎用フリゲート 新造艦「FFG(X)」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント